高齢者の介護予防と生活機能改善にうたと音楽のチカラを。

「音楽と健康アワード2018」開催決定!「うたと音楽」を活用した心と体の健康に資する実証結果や好事例、オリジナリティ溢れるコンテンツや実践例などを募集します。 全国各地の取り組みを「アワード」というかたちで称え、広く社会に発信することで、健康寿命延伸にむけたモデルを示します。

スケジュール

応募開始
2018年4月1日
応募締切
2018年8月31日
一次審査
2018年9月1日~2週間程度
「音楽と健康アワード審査委員会」において書類・映像審査を行い、各部門5件程度の最終審査進出者を選考。
最終審査
2018年11月28日
東京にて開催する「音楽と健康アワード2018」会場で、プレゼンテーション・実演を行い、最優秀賞を選考・表彰。

募集要項

  研究・実証部門 コンテンツ(オリジナル歌体操)部門
応募資格 個人:日本音楽健康協会が認定する音楽健康指導士(1級・2級・準2級・健康カラオケサポーター) 団体:介護施設、及び介護予防に従事する団体/日本音楽健康協会の会員(社員団体・賛助会員・提携団体)
募集テーマ 施設における機能訓練、及び高齢者の介護予防を目的とし「うたと音楽」を活用した実証事例
例)
自立支援・重度化防止に向けた実証事例
要介護度の改善に向けた実証事例
職員・スタッフの負担軽減に向けた実証事例 等
「うたと音楽」を活用し、楽しみながら実施している独自で考案した5~10分程度の音楽レクリエーション
例)
口腔・運動・認知機能維持改善を目的としたプログラム
利用者のコミュニケーションを目的としたプログラム
歌いながら身体を動かすオリジナル歌体操 等
応募方法 ホームページの応募フォーム(4月1日開設)に必要事項を入力し応募書類を投稿 ホームページの応募フォーム(4月1日開設)に必要事項を入力し応募書類と動画ファイルを投稿
応募媒体 ①応募書類(専用様式を4月1日開設のHPよりダウンロード)
※動画ファイルがある場合はMP4に変換してください。
①応募書類(専用様式を4月1日開設のHPよりダウンロード)
②音楽レクリエーションを実施している動画ファイル
※動画ファイルがある場合はMP4に変換してください。
審査基準 ①独創性
②実効性
③持続可能性
④社会的ニーズへの対応
①独創性
②実効性
③持続可能性
④楽しさの追求
応募規約 他の研究者や事例の流用でないもの
適切に実証がされているもの
実証結果は音健協が実証事例として公表する 等

※詳細は4月1日開設のホームページに記載
未発表のもの
他の流用でないもの
適切な権利処理がされているもの
発表されたものは音健協のコンテンツ開発に活用する 等

※詳細は4月1日開設のホームページに記載
賞金 最優秀賞 30万円
優秀賞
その他、特別表彰等
最優秀賞 30万円
優秀賞
その他、特別表彰等
  • ・応募できる数は1団体(1個人)あたり各部門1件とさせていただきます。
  • ・その他、詳しくは4月1日開設の専用ホームページの応募規約をご確認ください。
お問い合わせ先

一般社団法人 日本音楽健康協会 事務局宛

TEL:03-5488-6061

PAGETOP